バイシクル エコロジー ジャパン


by bicology-jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:B.E.J.とは?( 2 )

お問い合わせについて

こんにちは、BEJ代表理事の杉浦です。

雑誌などの露出が多くなった影響もあり、嬉しいことにお問い合わせが多くなっています。

このブログにもコメントが増えてきました。
いただいたコメントはメールアドレスなど記入がないとコメントでの返信になります。
メールアドレスなどの返信先を記入する際は非公開にチェックを入れてください。

メールでの連絡を希望する際はBEJの公式HPからお願いします。
http://www.bejapan.org/bej/?q=contact
※管理人さん経由なので返信まで少し時間がかかります。

もし、お急ぎの場合は自分が運営するHPからお願いします。
http://www.re-turn.jp/info.html

よろしくお願いします。


Kuni



追記:自転車日和のブログにも登場してます。
http://www.jitensha-biyori.jp/html/Diary/index.html#top
[PR]
by bicology-jp | 2008-01-25 10:31 | B.E.J.とは? | Comments(0)

B.E.Jとは?

f0063022_2327442.jpg
画像:nyc.indymediaより

特定非営利活動法人バイシクル エコロジー ジャパン
Bicycle Ecology Japan (B.E.J)

設立趣旨書より
バイシクル エコロジー ジャパン(B.E.J.)は、世界規模で抱えている環境問題を小さな事から変えていく為に、人力を動力とした移動手段として、またスポーツ文化として200年もの間貢献してきた「自転車」を軸とした環境保護活動を進めます。
B.E.J.は1970年代にアメリカで提唱された、バイシクル(自転車) と、エコロジー(環境保護)を組み合わせた造語である「バイコロジー」を概念と理想に掲げ、以下の活動を薦める事を使命とします。

一、自転車を楽しむファンライドの精神を原則とした、ストリートバイシクルカルチャーを応援、創造していきます。

一、自転車を活用した健康方法や効果、災害時における役割などの研究を行います。

一、欧州では自転車通勤率20%以上の国もあることから、日本における首都圏の慢性的な車両渋滞を緩和させ、環境および精神的苦痛を和らげる為にも自転車通勤を促進する運動を行います。

一、車道における自動車、オートバイとの共存(シェアライド)を推奨し、その為の交通安全講習を行います。

一、年間500万台以上の自転車が販売される中で、使い捨て感覚の短命な自転車寿命から脱却し、長年愛用することが可能な自転車スタイルの提案を行います。

一、放置自転車を少なくする事で、駅周辺、街の美化を促進する為にも、電車への乗り入れや、レンタル自転車の活性化を進めます。

一、自転車をより安全に、効率よく利用する為に、サイクリング道路の整備を進めます。

一、広く一般市民の多くの方が楽しめるイベントや、学校、企業、施設などに交通安全や自転車修理講習などを行い、自転車を楽しめる環境作りを様々な方面と協力し、企画、提案を行います。

一、バイコロジー先進国のアメリカやヨーロッパにおけるNPO自転車団体等との情報提携を進め、他の国内、海外団体との連携によりバイコロジーの輪を世に広げ、持続可能な循環型経済社会を創ることを目指します。

自転車を楽しむ人々にとってまたこれから楽しみたいと思う人々にとって、今日の環境は満足のいくものではありません。社会的信用を確立し、バイコロジー運動を拡大発展させ、より快適で安全な環境を生み出す為に、特定非営利活動法人「バイシクルエコロジージャパン・を設立します。


[PR]
by bicology-jp | 2006-06-23 23:31 | B.E.J.とは? | Comments(4)