バイシクル エコロジー ジャパン


by bicology-jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Bike to Work( 78 )

サポーター大募集!

f0063022_19215266.jpg

自転車通勤応援アクション「バイクツーワーク」が始まります。
呼びかけ期間は2013年9月17日(火)~22日(日)、モビリティーウィークに開催します。

この期間に自転車通勤を一緒に応援していただけるサポーターを大募集します!
3つの応援から、ご都合に合わせて参加ください。
FBとツイッターで告知させていただきます。
・サポーターショップ
・バイカーズオアシス
・グループライド
申込み締切は9月12日(木)です。


<サポーターショップとは>
参加費用は一切なく、イベント期間中(1日でもひと月でもOK)、一緒に自転車通勤を応援してくれるショップや会社を大募集します。
お店のセールやキャンペーンに合わせたり、ちょっとした心遣い応援で自転車通勤者にエールを送りましょう!
【サポーター宣言 】
●主催者名(ショップ名)
●開催日時
●開催場所
●電話
●メールアドレス
●WEBドメイン
●応援内容(100字程度)
●申込者名
をメールでお送りください。
infoアットbejapan.org アットを@に変更ください。
※サポーターショップには冊子とステッカーをお送りします。


<バイカーズオアシスとは> 
設営日:9月18日(水)/自転車通勤の多い時間帯30分から2時間くらいが目安。
自転車通勤者に、ドリンクやバナナ、無料点検などダイレクトにサポートする積極的な全国一斉アクションです。来場数や自転車数などデーター共有します。
まずはお問い合わせ下さい。
infoアットbejapan.org アットを@に変更ください。
※バイカーズオアシスには冊子とステッカー、自転車用前後ライト、のぼりをお送りします。


<グループライドとは>
開催日:9月21日(土)もしくは22日(日)
今年5月にサンフランシスコで体験したアクションを日本でも取り入れます。
「みんなで走ると楽しい!」「車道の走行が不安」などなど、いろんな人とゆっくり走りましょう。
週末開催で、スタートゴールをショップにするとやりやすくなります。
いち早く参加表明いただたリンプロジェクトさんの案内が参考になると思います。
B2W グループライドのご案内
※1kmから5kmくらいの短い距離を推奨します。
お問い合わせ下さい。
infoアットbejapan.org アットを@に変更ください。
※グループライド主催者には冊子とステッカー、自転車用前後ライトをお送りします。


バイクツーワークFBページ
https://www.facebook.com/BikeToWorkDay2012
バイクツーワークツイッター
https://twitter.com/btwd2013



SFの2013Bike to Work動画です。 いつか、この規模で。
http://vimeo.com/69219893



Enjoy Bike to Work!
[PR]
by bicology-jp | 2013-09-02 19:22 | Bike to Work | Comments(0)
サンフランシスコの活動の模様を動画でもどうぞ!
直接貼れないのでリンク先からお願いします!!
https://vimeo.com/69219893
[PR]
by bicology-jp | 2013-06-27 15:42 | Bike to Work | Comments(0)
サンフランシスコのバイクツーワークデーについて、秋田の佐々木氏から届いた渾身のレポートをUPしました。ホームページからどうぞ。

<BIKE TO WORK はとにかく参加者もスタッフも楽しむ!
日本でもあの笑顔を!!>
[PR]
by bicology-jp | 2013-06-19 19:59 | Bike to Work | Comments(0)

サポータショップ

Courio-City(クリオシティ)
・開催日時:6/5~6/28(平日のみ)朝8:30~9:30,夕17:30~19:30
・住所:横浜市西区戸部3-59
・自転車通勤の方へサポート内容:期間中スタッフに「自転車通勤してます!」と声をかけていただいた方に、Courio-Cityオリジナルリストバンド(非売品)を差し上げます。BIKE TO WORKの緑ののぼりが目印です。

明日から今月末までのロングサポート!

サポートショップは、1日でも1月でもウェルカムです。
[PR]
by bicology-jp | 2013-06-04 19:24 | Bike to Work | Comments(0)
<バイカーズオアシス>(ダイレクト応援)
リンプロジェクト カスタマーショップ
・開催日時:6月5日(水) 8:00~19:00
・住所:東京都台東区松が谷 1-2-3 ニュー松が谷マンション1F
・自転車通勤の方へサポート内容:ミネラルウォーターサーバー設置(ボトルはご持参下さい)・バナナ・チョコレート配布


<サポーターショップ>
トレックストア福岡
・開催日時:6月3日(月)~7日(金) 木曜日を除く
・開催場所:福岡市中央区大名2丁目4-30 西鉄赤坂ビル1F
・サポート内容:期間中「自転車通勤してますよ」とスタッフまで言っていただければ、自転車無料点検&反射テープ付きポケットティッシュをプレゼント致します!

MASAYA Bicycle Works
・開催日時:6月3日(月)~7日(金) 木曜日を除く
・開催場所:福岡市東区千早4-15-12 THE LINDOS 1F
・サポート内容:期間中「自転車通勤してますよ」とスタッフまで言っていただければ、自転車無料点検&反射テープ付きポケットティッシュをプレゼント致します!

正屋
・開催日時:6月3日(月)~7日(金) 木曜日を除く
・開催場所:福岡市南区塩原1-14-4
・サポート内容:期間中「自転車通勤してますよ」とスタッフまで言っていただければ、自転車無料点検&反射テープ付きポケットティッシュをプレゼント致します!


まだまだ絶賛募集中!
[PR]
by bicology-jp | 2013-06-02 21:58 | Bike to Work | Comments(0)

自転車通勤応援団の募集

今年も春と秋に自転車通勤応援アクション「バイクツーワーク」を開催いたします。
春の呼びかけ期間:2013年6月3日(月)~7日(金)
バイカーズオアシス(ステーション設営日):6月5日(水)

この期間限定の自転車通勤応援団の募集です。
・ダイレクトに応援するB2Wインターナショナルスタイル「バイカーズオアシス」
・ショップの営業に合わせた「サポーターショップ」

スタイルに合わせて是非応援団に参加ください。
お問合せ・申し込みはお気軽にこちらまで。
親切丁寧にご相談応じます。
info(アット)bejapan.org @に変換をお願いします。

========================
・バイカーズオアシス募集(店舗・自治体・団体など)
応援内容
全国一斉6月5日(水)に自転車通勤が多い時間に「バイカーズオアシス」を設置して、水やバナナなどの配布や簡易メンテなどでダイレクト応援します。
参考例
http://rinprojectnews.blogspot.jp/2013/05/blog-post_28.html

・サポーターショップ募集(店舗用)
呼びかけ期間、もしくはそのうち数日にショップサービスに応じた応援。
サポーターショップ参考例
http://b2wd.net/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%AE%A3%E8%A8%80/

バイカーズオアシス・サポーターショップともに
●主催者名(ショップ名)
●開催日時
●開催場所
●電話
●メールアドレス
●WEBドメイン
●内容(100字程度)
●申込者名
●バイカーズオアシス/サポーターショップ/両方(お選びください)
●春秋両方参加/春のみ(どちらかお選びください)


をメールにてお送りください。(全部記入しなくても大丈夫です。)
サポート内容や企画など相談に応じます。
[PR]
by bicology-jp | 2013-05-29 19:51 | Bike to Work | Comments(2)
春の自転車通勤応援アクション「バイクツーワーク」の日時をお知らせします。
呼びかけ期間:2013年6月3日(月)~7日(金)
バイカーズオアシス(ステーション設営日):6月5日(水)です。
バイカーズオアシス開催場所の詳細とサポートショップについて随時UPしていきます。

今年はSNSからも強力サポート!
ツイッター<@btwd2013]>からは「自転車通勤」「バイクツーワーク」「biketowork」に反応して応援ツイートします。

====================
サンフランシスコのバイクレーン。
左折(日本の右折に相当)の場合は車道の中央にレーンがあるところも。
f0063022_10112783.jpg

パーキングスペース(画面右側)の横にしっかりとバイクレーン。
f0063022_10165177.jpg

[PR]
by bicology-jp | 2013-05-28 10:18 | Bike to Work | Comments(0)
BEJが様々な面で影響を受けている団体が、アメリカ西海岸サンフランシスコにあるSan Francisco Bicycle Coalition(SFBC)です。
活動内容や取組に学ぶ点が多く、とくに「BIKE TO WORK」はSFBCスタイルをベースにしています。
今回、機会があり初めて訪れることができましたので数回に分けて報告します。
まずはBIKE TO WORK当日を、ほぼ時系列に画像を中心で。

毎年5月第2木曜日に開催しているサンフランシスコBIKE TO WORK、今年は5月9日でした。
エナジーステーションと呼ばれる補給場が、市内の自転車通勤が多い場所16か所、夕方は10か所設営されました。
朝7:45にグループライドが12か所から出発されるというアクションもありました。

ぼくらはCastroからダウンタウン方面へマーケットストリート(メイン道路)に出発するグループライドに参加しました。集合したのは20名で男女10名ずつ。このチームリーダーはメトロポリタン交通委員会(MTC)コミッショナー。
f0063022_17155284.jpg

途中から合流する人も。どんどん人が増えていきます。
f0063022_17172511.jpg

10分くらい走るとエナジーステーションが現れました。
「ハッピーバイクツーワークデー」とスタッフが明るく声をかけ、オリジナルサコッシュを配り、テーブルにはコーヒー、水、スナックが用意されていました。時間がある人はステーションに立ち寄りコーヒーやスナックをつまんでいます。
f0063022_17232490.jpg

このステーションには「バイクドクター」と呼ばれる自転車万相談者。簡単なメンテなどを近くの自転車店スタッフがボランティアで参加しています。
f0063022_17243765.jpg

途中で参加する人も離脱する人もステーションに立ち寄る人もそれぞれ。
ぼくらは別のステーションを目指しマーケットストリートを進みました。
SFBCのオフィス近くのステーション。
f0063022_17251793.jpg

SFBCスタッフとともに別のステーションにも。
f0063022_17255119.jpg

ここのステーションはフェリーに自転車を積み通勤する人たちのために向けたもの。
f0063022_2345910.jpg

フェリーから次々と自転車を押して降りてきます。
f0063022_23453380.jpg


そして、シティーホールへ。
f0063022_1727278.jpg

ここにもステーション。
f0063022_17273091.jpg

臨時駐輪所「バイクバレー」も。
f0063022_17274755.jpg

お花をいただきました。
f0063022_1727596.jpg


17時から夕方のBIKE TO WORKがあるのでSFBCオフィス前へ。
すでに帰宅自転車通勤ラッシュ。
ステーション前でキュートガールが呼び込み&ハイタッチで盛り上がる。
f0063022_17281625.jpg

夕方のステーションも大盛況。
f0063022_17282949.jpg

f0063022_17285036.jpg


これは無料配布していたサコッシュの中身。
地図、自転車ルールブック、自転車団体の案内、BIKE TO WORK冊子、ポストカード、エナジーバー、裾止めが入っていました。
f0063022_172998.jpg


バス広告。
f0063022_17151218.jpg



記:杉浦邦俊
[PR]
by bicology-jp | 2013-05-20 00:06 | Bike to Work | Comments(0)

サンフランシスコへ

f0063022_232937100.gif


一般財団法人セブン-イレブン記念財団2013年度助成対象として「バイクツーワーク」が選ばれました。

助成内容は冊子制作とサンフランシスコのバイクツーワーク視察。
ということで5月6日からSFに杉浦(代表理事)と佐々木(秋田コーデネーター)でSFに行ってきます。
ほとんどの時間をバイクツーワーク主催団体San Francisco Bicycle Coalitionのお手伝いをしてまいります。
SFのバイクツーワーク模様は、このブログもしくはFBにUPします。
新しい冊子にも掲載する予定です。
[PR]
by bicology-jp | 2013-05-02 23:39 | Bike to Work | Comments(0)

松本カーフリーデー

富山B2Wのあとに松本に寄りました。
カーフリーデーを大々的に展開しているという松本市。
駅をでれるとすぐに大きなバナー
f0063022_19175823.jpg

カーフリーエリアに向かうと、
道路の中央を自転車が通行します。
f0063022_1919432.jpg

公共交通は通過。
f0063022_19171931.jpg

安心な道路で子供は落書き。
f0063022_19182590.jpg

車道にオープンテラス。
f0063022_19174056.jpg

道路で落語とは粋です。
f0063022_19183991.jpg


松本の方々はカーフリーデーを楽しんでいる印象を受けました。
道路という空間の使い方の多様性を体感してきました。

詳細はカーフリーデージャパンの報告より。

<松本カーフリーデーは、一昨年前から、松本城前の大名町通りを追加し、数本の商店街を交通止めにする広範囲なカーフリーエリアを創出しています。

今年も、9/22に、同様のカーフリーデーが実施されましたが、今年は新たに社会実験が同時開催されました。

この社会実験は、松本市の「次世代交通政策」の一環で、まちなかにおける人優先の道路空間とはどのようなものか、広く市民のみなさんに体験してもらうために実施されました。

内容としては、メインストリートである大名町通りが、バス・自転車・緊急車両以外、通行止めとなり、その中で、歩行者空間の拡大、バス・自転車通行レーン、自転車レーン、路上駐輪場、オープンカフェなどが実施されました。また、観光客の多い中町通り(商店街)では、狭さくや一時停止など、自動車がスピードを出しにくい仕掛けが行なわれ、自動車のスピード測定やアンケート調査が実施されました。

大名町通りでは、午前中は、市民の皆さんが普段とは違うこの状況に慣れていない印象でしたが、午後には、車道に人々が溢れ出し、ゆったりと歩いたり、滞在している姿を目にするようになりました。また、中町通りでは、自動車のスピードが抑制されたみちとはどういうものか、その効果や市民の意識を見るよい機会となりました。

松本市では、先に紹介した次世代交通政策において、自動車の利用を減らし、歩行者優先とすることで、健康や環境によい賑わいのあるまちづくりを目指しています。今回のカーフリーデーが、今後の市の施策に反映されることを期待しています。

なお、このようなカーフリーデーは、本来のカーフリーデーに近く、ヨーロッパでは、市民と行政のプラットフォームとして活用されています。

人や環境にやさしい交通まちづくりを実施していく上で、市民と行政の協働は必須です。つまり、市民側にとっては、広く知ってもらうこと、関心をもってもらうこと、そして、参画してもらうこと、行政側にとっては、市民の反応を直接見聞きし、さらには、議論をすることで、政策にフィードバックすることが大変重要となってきます。

カーフリーデージャパンでは、今後、人や環境にやさしい交通政策への展開とつながっていく、このようなカーフリーデーが各地で展開されていくことを期待しています。>


BEJ杉浦
[PR]
by bicology-jp | 2012-10-09 21:32 | Bike to Work | Comments(0)