バイシクル エコロジー ジャパン


by bicology-jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:バイシクルフレンドリー( 2 )

f0063022_21550006.jpg
f0063022_21550387.jpg
f0063022_21545669.jpg
<開催報告>
バイシクルフレンドリーな社会へ
自転車と人の多様性:渋谷から始めよう自転車共生のまちづくり
開催日:2018年9月11日(土曜日)19時~21時
会場:RATIO & C/東京都渋谷区神宮前3-1-26
参加人数:40名
参加費:無料
※この企画はSocial Innovation Week Shibuya のMeet Upの1つです。

第一部:トーク<バイシクルカルチャー2007年から10年> 
パネリスト:LOOP Magazine編集長メディアプロデューサー 住吉 暢彦
Depot Cycle & RecycleCycle & Recycle 湊誠也
モデレーター:NPO法人バイシクルエコロジージャパン代表理事 杉浦邦俊

第二部:ワークショップ<バイシクルブレンドリーな社会へ>
ファシリテーター:北澤肯/住吉暢彦/藤田有佑湊誠也
敬称略 、順不同)
 
所感:
・自転車、アパレル、デベロッパーなど幅広い業界からの参加で、ワークショップでは様々な意見が活発に交わされ参加者からも好評。次回の開催を計画中。


[PR]
by bicology-jp | 2018-09-28 22:51 | バイシクルフレンドリー
f0063022_00470815.png
バイシクルフレンドリーな社会へ
自転車と人の多様性:渋谷から始めよう自転車共生のまちづくり

パネリスト
LOOP Magazine編集長/メディアプロデューサー 住吉 暢彦 (Nobuhiko Sumiyoshi)
Depot Cycle & RecycleCycle & Recycle 湊 誠也 (Seiya Minato)

ピストブームと呼ばれた自転車ブームが東京を中心とした都市部を席巻してから約10年。その間、世界の大都市の多くでは通勤を含む移動交通手段としての自転車が定着し、それに伴いシェアサイクルやバイクレーンの導入が飛躍的に進展しました。かつて世界的なピストブームのいち役を担っていた東京(渋谷)で、今自転車はどのような存在なのでしょうか。多種多様な自転車はもちろん、多種多様な人々がひしめく渋谷(そして東京)でバイシクルフレンドリーな社会の実現に向けて、今あらためてすべきこと、そしてできることは何か。バイシクルカルチャーに関わってきた方をパネルに迎え、未来に向けた提案についてみんなでディスカッションしましょう。それを最後に全員で共有、それぞれのこれからのアクションにつなげていきませんか。

実施日:9月11日(火)19:00-21:00(ドアオープン18:30)
会場:RATIO & C ( レシオ・アンドシー) 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-1-26
主催:特定非営利活動法人バイシクルエコロジージャパン
協力:RATIO & C
参加費:   無料

この企画はSocial Innovation Week Shibuya のMeet Upの一つです
https://www.social-innovation.jp/
[PR]
by bicology-jp | 2018-08-29 00:47 | バイシクルフレンドリー